お金借りたい 即日



お金借りたい 即日

早くお金を借りたい!今ピンチだから少しでもお金が必要なんです。そんなあなたに少しでも審査が早くて即日で融資してくれるカードローンを紹介しますね。その中でも少しでも低金利の条件のいいサービスを紹介できればと思っています。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


今すぐお金を借りたいと思っている人は、できるだけ大手の消費者系カードローンを利用する事を考えて下さい。もちろんそれにはわけがあります。

大手の消費者金融系のカードローンは、やはり利用者も多く銀行からの資金があって余裕もありますから、即日の審査や融資にもしっかりと対応できる力があるんです。中小の消費者金融ではさすがにこうは行きません。こちらでは出来る限り審査や融資が早く、それでいて低金利が実現できるカードローンばかりを集めていますよ。

今すぐ借りたいなら絶対にカードローンを

今月まさかのピンチでどうしようもない・・・。恥ずかしがることはありません。あなただけじゃないんです、そういったピンチに陥っているのは。

  • 急な冠婚葬祭でお金が足りない
  • 病気や怪我で急な出費がかさんだ

こういった急なお金の工面だからこそ、消費者金融のカードローンを利用しましょう。即日で対応してくれますよ。

もちろん皆さんの友達の中にはお金を貸してくれる人もいるでしょう。でもその好意に甘えるのはちょっと待って。返済が100%でない限り、友達同士でお金の貸し借りをするのは止めておきましょう。

それで友人関係がバラバラになっただなんて話、決して珍しわけではありません。友情はお金の関係で簡単に壊れてしまいます。それだけデリケートなんですよ、お金って。
だからこそ、後腐れのない消費者金融系のカードローンを使うべきなんです。初回であれば30日以内に返せば金利0円で借りれるだなんてところは、最近では増えてますから安心ですよ。

お金借りたい!即日融資可能なカードローンは?

プロミス

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ
アコム

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
アコムの公式サイトへ
アコムの公式サイトへ
アイフル

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ
モビット

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ
オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

即日でお金を借りたい人はここをチェックしよう

即日で審査や融資をしてもらうのは、それなりのテクニックが存在します。実はここをちゃんと押さえるかどうかで結果も変わってくるくらいなんです。非常に簡単な項目ですから、絶対に借りる際には意識して下さい。

①借入希望額は少額が良い

特に即日で急いでいる場合は、審査を通すことを先ずは考えましょう。そうなるとできるだけ少額で借りることが一番のぽいんとになります。ここでいきなり100万借りたいだなんて言ってると、間違いなく即日は無理ですし審査に落ちる可能性が非常に高いです。基本としては50万円以下が最初の指標になります。この金額だとキャッシングを申し込む際に収入証明書が要らないんですね。ここが審査でも大きな分かれ目になります。ですので、50万以下、できれば30万以下の少額を借りるようにしましょう。

②融資実績の高い大手を選ぶ

これも即日で急いでお金を借りたい場合の鉄則なんですが、できるだけ融資の実績が多い大手の消費者金融系のカードローンを選ぶようにしましょう。まず融資の実績が少ない所は審査にも慎重になり時間がかかる場合が多いです。それに対して例えばプロミスやアコムのような消費者金融系の大手のカードローン会社は融資の実績も高く、少額ならスッと審査をしてくれて融資まで行けるパターンが多いです。即日希望もこういった大手に多いことから、会社側もそういった対応に慣れていて非常にスピーディーな対応をしてくれます。

③WEB上で申し込み(午前中が良い)

まず融資を受ける時に、殆どの人が自分の口座に振り込んでもらうと思います。これを考えた時に大事なのは審査を振込期限までに終わらせておくことがポイントです。通常の銀行と同じく14時までには終わらせたいですね。今の大手の消費者金融系のカードローンは審査に約30分から60分くらいかかります。本来であれば13時くらいまでに申し込みが終わっていればいいんですが、仕事をしているとなかなかそうもいきません。だからこそWEB上で申し込みをしておくのです。WEB上の申込みは24時間365日いつでも受け付けてますので、夜にゆっくりと申し込むのが確実でしょうね。

④自動契約機(無人契約機)を使う

と入ってもなかなか時間が取れなくて、午前中は全然間に合わなかった。。。そんな場合でもまだ大丈夫。どうしても当日中にお金を借りたいのであれば、自動契約機を利用すれば良いんです。契約の申込みと審査まで終わっていれば、後は自動契約機に直接行ってそこでカードを受け取るようにしておけばその場でキャッシング可能です。アコムの営業時間は8:00~22:00、プロミスは9:00~22:00(※一部21時もあります)なので、かなり遅くまで当日融資が可能になっていますよ。

即日でお金を借りたいならまずこれを用意しよう

特に初めてキャッシングをする人は何をどう用意すれば良いのか不安になると思います。ですので、ここで大まかに必要なもの・準備すべきものを紹介しておきますね。
これは必須のものですので、先に準備が大事ですよ。

本人確認書類

まず、これがないことには始まりません。本人確認できる証明書です。どんな銀行や消費者金融でもこれは必須です。
例えば運転免許証や健康保険証、もしくはパスポートの写しなどはこれに当たります。

本人確認の証明書で注意があるのが、免許書です。
私もそういった経験があるのですが、今住んでいる住所と免許書の住所が違う場合ってありませんか?
引っ越しした後、ちょっと面倒で変えていなかったってパターンです。

これ、お金を借りる場合はアウトになるんです。

住所がわからないので、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証を一緒に提出しないとダメなんです。
かなりめんどくさいと思いませんか??

なので、出来ることであれば、先に住所変更をしておくことをおすすめします。どうせいつかは変えないとダメなんですから、今でしょってことで・・・。

借入希望額で必要な書類が変わる

先程少額の借り入れがいいって言ってましたが、その理由の一つに必要な書類が変わるからなんです。
まず、50万円以下であれば、先程の本人確認できる証明書があればオッケーなんです。でもそれ以上借りたい場合は、他にも必要な書類が増えてきます。

借り入れの希望額が50万円を超える場合と借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

これは消費者金融に意味のある貸金業法に関係しています。
貸金業法には総量規制という言葉があって、総量規制と言うのは年収の1/3以上のお金を貸してはダメという法律なんですね。
多重債務者を作らないための法律になっていて、そのため高額の借り入れには収入証明書が必須になっているんです。

ですので、簡単に即日で借りるためにも、借入金額は50万円以下になるようにしておきましょう。

即日融資も低金利は大事なんです

即日で借りたいから金利はどうでもいいだなんて言っていると、やっぱり借金はなかなか減りません。出来る限り低金利でお金を借りるようにしたいですね。お金はあくまで借りているわけですから、少しでも早く返したいですし金利はできるだけ払いたくありません!

消費者金融系のカードローンっていうのは金利が、1.7%~18.0%で設定されています。幅は広いんですが、50万円以下の少額で借りる場合、ほとんどが18%付近で借りることになります。となると低金利どころか金利が一緒じゃないって思うと思います。

そこでポイントなのが無利息期間です。実は大手のプロミスとかアコムは初めて借りる人に30日間の無利息の期間を付けてくれるんです。低金利どころか0円ですから最強の金利と言えます。こういったお得なサービスは使わない手はありませんよ!

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


もしも今月たちまちピンチで借りてすぐに給料日で返せる状態だとしたら、絶対にプロミスなどを利用して無利息の期間でキャッシングして下さい。そうすることで1円も利息を払わないでお金を借りることが出来ますから。

返済のことも考えると、この無利息サービスを上手く利用してお金を借りるようにしましょうね。

ちなみに銀行系のカードローンはもっと低金利で上限も14%くらいのものもあります。当然金利は非常に低く設定されています。ですがその分審査はかなり厳しいと思っておいて下さい。

短期で即日で借りて返したい場合は消費者金融系のカードローンの大手から。また長期間ですぐにお金が必要ではない場合は、低金利の銀行系のカードローンも一緒に審査を受けておくのもありだと思いますね。

職業でお金の借りやすさって違いはあるの?

お金を借りたいと思った時に、職業によってどの程度の差があるんでしょうか?
自分に当てはめてチェックしてみてくださいね。

正社員がお金を借りたい場合

正社員がお金を借りたい場合、実はよっぽどの条件が無い限り借りられると思います。それは何故でしょうか?

キャッシングの際に消費者金融や銀行が気にするのが返済能力なんです。やはりお金を貸すわけですから、どれくらい返す能力があるのかを重視しているんです。そういった意味で、正社員は給料が安定していますし、突然の病気なんかでも保証があるので属性は高い方だといえますね。

その中でも上場企業に勤めていたり公務員だったりすると、さらに属性は高くなります。ただそうとう高額を銀行のカードローンで借りる場合には影響するでしょうが、即日でというのであればそこまで高い属性は必要ありません。それよりも大事なのは勤続年数です。

勤続年数が長いと、返済も安定すると見られています。中小企業でも勤続年数が長い人は属性が高い傾向にあります。コツコツ続けて勤務していることが返済能力の高さだと考えられているんです。できれば半年以上、1年以上であれば間違いなく借りれるでしょう。

派遣社員や契約社員がお金を借りたい場合

派遣社員や契約社員は、世の中では非正規雇用と呼ばれています。属性について言うと、正社員に比べるとやっぱり低いんですよね。給料は同じくらいもらっている人もいると思いますが、例えば病気や怪我があると収入は保証されていません。いきなり収入減になる可能性は高いんです。

また、雇用契約も非正規雇用の属性を下げる原因になっています。
基本的に非正規雇用の方は1年ごとの更新で契約しています。と言うことは、雇い止めされていきなり職を失う可能性が正社員に比べるとかなり高いんですね。だから返済能力が不安定だと見られていますし、その分属性は低くなります。

ただ、こちらで紹介している消費者金融系のカードローンであれば、非正規雇用の方でも借りられるカードローンばかりです。数百万借りたいというのはちょっとむずかしいかと思いますが、少額であれば間違いなく通ると思いますので、審査を受けてみてくださいね。

あと、派遣や契約社員が一番困るのが在籍確認の電話です。
これはお金を借りる場合はどうやっても避けて通れないんです。だってその人がそこで働いているかをチェックしないと、貸す側も非常にリスクが高くなりますし、貸金業法でも収入があるものしか借りれないと明言されてますから。

正直職場に電話がかかってくるのはみんな不安だと思います。
でも大丈夫!安心して下さい。

まずあなたがその場に居なくても、代わりに出た人が不在であると伝えてくれれば問題ありません。それに消費者金融会社は決して会社名は名乗りません。プライバシーはしっかりと守られていますよ。オペレーターの個人名で電話が掛かってきて、あなたに変わったら◯◯会社のって伝えてくれますから。

職場にはクレジットカードを作ったから、誰かから電話があるかもって伝えておきましょう。そうすれば新しい職場だったとしても不審には思われませんよ。

学生がお金を借りたい場合

学生ってなんだかお金を借りられないようなイメージがあるんですが、学生でもお金を借りることができるんでしょうか?
実は、学生かどうかはお金を借りる際には関係無いんです。

学生ローンって聞いたことあるかもしれません。授業料とかのために借りるローンですが、これは学生本人が借りるローンなので使えます。もちろん消費者金融系のカードローンも借りられますよ。

ただ、いくつか条件はあります。

1.20歳以上であること

これは必須条件です。未成年は基本的に自分だけでお金を借りる契約を結ぶことは出来ません。もし勝手に結んでいたとしても、それに両親が気づいて契約破棄を申し出ると、契約不履行となり返済しなくても良くなるんです。そんな条件でお金を貸すハズがないですよね。だから未成年には基本的にお金は貸さないようにしています。

2.定期的な収入があること

パート・アルバイトと同じようにちゃんと仕事をしていて収入があればお金を借りることが出来ます。そこまで大きな金額を稼いでいなくても、借りるのには全く問題ありません。ただ、現在アルバイトなどの仕事に就いているというのが条件になります。無職だとお金は借りられません。

正社員に比べると流石に属性は低いですが、それでも少額であればちゃんとお金を借りることが出来ますよ。ココで紹介している大手の消費者金融系のカードローンであれば即日でも審査や融資に対応してくれますからチェックしてみて下さい。

主婦がお金を借りたい場合

主婦と一言で言っても大きく分けると2つに別れるんじゃないでしょうか。

1.パートや仕事をしている主婦

はい、この場合は全く問題なくお金を借りることが出来ます。扱いとしてはアルバイトの方とかと同じような感じと思って下さい。お金を借りる場合に見られるのは収入があるかどうかです。その面で仕事をしている主婦は返済能力があると判断されますので、通常と同じように借りられると思っておいてOKですね。

主婦の方でちょっと聞くのが旦那にバレないように借りたいという話。
これも実は対策できるんですよ。

旦那にバレる場合の多くが、実は郵送物による発覚なんです。郵送物の殆どは利用明細書か最初のカードを送ってくる時になります。これを避ければまずバレることはありません。

最近では利用明細書もWEB上で見られるようになって、紙ベースで発行しない方法もできました。またカードも自動契約機で受け取れば、家に何かが送られてくることはありません。それでも心配なら契約後にフリーダイヤルに電話して、何も送らないように伝えておきましょう。

2.専業主婦の場合

専業主婦は残念ならがほとんどのカードローンで借り入れができません。確かに世帯では収入がかなりあって、だからこその専業主婦だったりするんですが、基本的にご自身の収入が返済能力の全てと見られます。旦那の収入はあくまで補助的な査定にしかなりません。少しでもパートなんかで収入があれば間違いなく借りられるんですが、0円ではちょっと難しいのが現状です。できれば単発のバイトなんかでチョコチョコと収入を得る実績を作る事をおすすめします。

女性がお金を借りる場合

今まではキャッシングって殆どの場合が男性が借りていたんですよね。皆さんのイメージもそうだと思いますが、女性は多くが家庭にいたものですから、そこまでお金を借りて活動するってことがなかったのが現状です。ですが今は全く違うんですよ。

女性も社会活動が増え、仕事に行っている人がかなり増えました。ですので色んな場面でお金を使う機会も増え、その分どうしても急にお金が必要になることが増えたんです。ネット通販なんかも普及してますから、買い物が好きな女子は結構多くの方がキャッシングを利用してます。

ただ、消費者金融系のカードローンで借りるとなるとどうしても怖いイメージが強かったんです。そこで登場したのがレディースキャッシングというサービス。

レディースキャッシングは女性のためのキャッシングサービスになります。特徴としては、窓口のオペレーターさんが全て女性という点ですね。相手は必ず女性なので、安心してお金の相談ができるんです。怖いおじさんが座っていて・・・。そんなイメージを覆すサービスとなっています。

特に大手のレディースキャッシングは安心感も高いですし、お金を借りるのが怖いと尻込みしていた人にはかなりありがたいサービスとなっています。もちろん男性も利用できるんですよ。だから男性の中でもちょっと相談が心配と思う人は、レディースキャッシングを使ってみて下さい。

女性だから借りれないなんてことは無いですし、あなた以外にも同じように困っている人は多いんです。
安心してまずはWEB申込みをして、相談してみてはいかがですか?

もしもあなたが即日融資でお金を借りたいのであれば、参考にしてみて下さい。どの消費者金融系のカードローンが審査が早いのか?また審査の通りやすさも含めて紹介していますので、チェックしてくださいね。